FC2ブログ

神奈川県総合防災センターを見学

 こんにちは中小企業診断士(経営コンサルタント)の中山です。先日、神奈川県総合防災センターを見学しました。入館料は無料です。このブログでも書きましたが、横浜市民防災センターが2015年4月から1年間の予定でリニューアル工事を行っており休館しています。そのため現在、神奈川県内で利用できるのは神奈川県総合防災センターだけとなっています。神奈川県内企業のBCP(事業継続計画)策定を支援する際は、支援先企業の担当者には防災センターを見学することを薦めています。疑似体験でも見学・体験することにより、従業員の意識も明らかに高くなります。

 センターでは地震、風水害、消化、煙避難などを体験できます。当日、団体利用(かなりの人数)と時間が重なりましたが職員の方は丁寧に対応してくれました。横浜市民防災センターは施設そのものが広くありませんが、神奈川県総合防災センターはスペースにも余裕があり、民間企業の防災用品の展示なども充実しています。防災対応ベッドや避難シェルターなども展示されていました。センターのWebサイトには「防災用品の展示募集の概要」が掲載されていますので、防災グッズを扱う企業は一読するとよいでしょう(残念ながら平成27年は8月21日で募集が締め切られています)。

1階入り口や2階防災シアターで上映されている映像は相当前に制作されたようです。最新動向を盛り込み、映像も刷新したようがいいと思いますが、予算を確保するのもこの昨今難しいですよね。

〈所在地〉
神奈川県厚木市下津古久280
〈開館時間〉
午前9時00分から午後5時00分
〈休館日〉
毎週月曜日(祝日にあたる場合は翌日)
祝日の翌日(土曜日または日曜日の場合は開館)
神奈川県総合防災センター
センター外観。駐車場は広いです
1F説明用モニター
1階エントランス近くに映像コーナーがあります。2階にも防災シアターがあります

横浜市民防災センターのWebサイトを久しぶりに見たら、リニューアルの概要が掲載されていました(PDF版)。リニューアルオープンしたらまた見学したいと思います。

横浜市民防災センターが休館(リニューアルのため)

 こんにちは中小企業診断士(経営コンサルタント)の中山です。本日、神奈川新聞を読んでいたら、横浜市民防災センターがリニューアルのため平成27年3月末をもって一旦休館になるという記事が出ていました。リニューアル工事終了後、平成28年度中にリニューアルオープンするとのこと。展示内容なども充実するそうですから喜ばしいことですが、およそ1年くらい見学することができなくなります。

私がBCP(事業継続計画)策定支援をする際は、教育・訓練の一環として防災センターを見学することを薦めています。横浜市民防災センターの休館期間でも、神奈川県総合防災センターを利用することができます。

神奈川県総合防災センター
住所:神奈川県厚木市下津古久280
電話:046-227-1700

クライアントの事業所がある都道府県ごとに調べたことがありますが、愛知県、大阪市、神戸市などにも同様の施設がありました。社員が防災の体験型訓練をするとBCPの重要性が再認識できると思います。

横浜市民防災センターを見学(2013年11月19日のブログです)。

引越雑感

こんにちは中小企業診断士(経営コンサルタント)の中山です。移転して1カ月強経過しました。先日、移転後はじめてのジョギングをしました。まだ完全には落ち着いていないものの、普段のペースに戻りつつあります。

 今回の引越では、見積もり比較サイトを利用しました。昨年12月中旬にそろそろ引越のことを真剣に考えなくてはと思い、グーグルで検索していたら比較サイトが見つかりました。

 質問項目を入力していき送信。

 何と1分もたたないうちに引越会社から電話がかかってきました。その後は同業者から電話やメールの雨あられ。電話中でも何度も着信があります。大体どこの会社も家を訪問して見積もりを出したいと言います。結局、先にコンタクトがあり、かつその日に訪問することができるという会社3社に来てもらいました。2社は業界大手、もう1社は中堅どころです。
 1社目来訪。営業マンが各部屋を下見後、粗見積り。「この場で決めてほしい」と言われるが、「他社の話も聞きたい」と伝える。その後、ディスカウントした見積を提示され、また「決めてほしい」と迫られる。何度かやりとりがあり、帰ってもらう。その10分後くらいに営業マンから電話があり、「上司と相談した結果、ここまで下げることができる。決めてほしい」。良い条件です。しかし、あと2社の話を聞きたいとやんわり断る。
 残り2社のうち1社は訪問時間を遅らせてほしいと言ってきたため、2社の営業マンの訪問時間が重なりました。しかし、あまり気まずい雰囲気ではなく、業界で営業マンがバッティングすることはあるそう。

 結局、1社目に決めました。安い上に、使わなくなる家具の引き取り、エアコン2台の取り外し・取り付けも込み込みでOKということなので。1社目の営業マンに電話をすると「電話がかかってくると思いました。うちが一番安いでしょ」というリアクション。

 そして引越も無事終了。しかし確かにエアコンの取り外しは無料でしたが、取り外したパイプは使えない、室外を2階部分に設置する場合は割増料金などなどで取付料として5万円超の追加出費となりました。この1件で満足度が落ちました。このあたりは事前にしっかりと確認したほうがいいです。エアコンのパイプも長くなればなるほど値段も張るので侮ってはいけません。

横浜市民防災センターを見学

 こんにちは中小企業診断士(経営コンサルタント)の中山です。このブログでもBCP(事業継続計画)を取り上げてきましたが、私自身もの策定支援もBCP作成支援をかれこれ3年続けてきました。BCPは震災発生時に重要な事業を復旧させることができるよう計画を立案します。そのため事業内容や組織体制を検証した上で計画に落としこんでいきますが、社員の安否確認など防災の要素も含んでいます。
 先日11月17日(日)、「横浜市民防災センター」(横浜市消防局が運営)を見学してきました。以前から気になっていましたがようやく行ってきました。横浜駅西口より徒歩10分、沢渡中央公園に面しています。横浜の中心部に無料で利用できるこのような施設があることは驚きです。日曜日にも関わらず、何組かの団体さんに遭遇しました。
 パネルや説明ももちろんありますが、体験コーナーが充実しています。地震体験、煙体験、暗闇体験、消火器の利用体験などのコーナーがあります。地震体験コーナーでは、関東大震災と阪神淡路大震災の激しい縦揺れも体験しました。やっぱり地震は怖いです。体験すると防災やBCP策定にも力が入ります。

横浜市民防災センター
住所:横浜市神奈川区沢渡4-7
電話:045-312-0119

 神奈川県も「神奈川県総合防災センター」を運営しています。
神奈川県総合防災センター
住所:厚木市下津古久280
電話:046-227-1700

 
11月19日(火)の0時40分NHKの地方発ドキュメンタリーで「教えて!防災おばあちゃん」が放映されました。
NPO法人 災害ボランティアネットワーク鈴鹿 理事長・南部美智代さんの日々の活動を追いかけるドキュメンタリーです。高校3年生の時、伊勢湾台風を経験、その後、平凡な主婦生活をおくってきたが、阪神淡路大震災を目の当たりにして意識が変わり、防災の大切さを伝えていきたいという強い想いを抱いたそうです。
1年に60回以上講座、シンポジウムをこなし、東日本大震災以降も東北に20回以上訪れているそうです。周囲を巻き込んでいく力には脱帽しました。

Windows8.1へアップグレード

 こんにちは中小企業診断士(経営コンサルタント)の中山です。
台風26号の影響は凄まじかったですね。10月16日(水)午後一番コンサルティングで企業訪問後、関西方面に出張が入っていました。予定通り行けるかどうか心配でしたが無事、現地入りできました。週末、横浜に戻り土曜日も午後も仕事だったのでドタバタしていましたが、土曜日パソコンのOSをWindows8からwindows8.1へアップグレードしました。

出張後なので業務が溜まっていました。メールの返信や急ぎの業務の片付けを優先すればよかったのに、好奇心に負けてアップグレード作業に手を着けました。ストアからWindows8.1をダウンロード、そしてインストール。インストール完了まで1時間30分~2時間くらいかかりました。アップグレード完了、8.1の起動はスムーズでしたが、最初のチュートリアルで、Microsoftアカウントのパスワード、セキュリティコードの認証のやりとり、PC設定(閲覧履歴の送信や、広告表示の同意なども含みます)などを行う必要がありました。

 アップグレードは無事終了しましたが、一つだけ困った事がありました。プリンターは認識するものの印刷ができない。急ぎで印刷する必要があったので他のPCで印刷せざるを得ませんでした。結局、プリンタードライバーを一度アンインストールし、再度インストールすることで解決はしました。
キャノンのWebサイトに、「Windows 8.1 に関する注意事項」というページがあります。
http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/lbp/70658-1.html

 しかし、どのアプリケーションでもファイル操作でSkyDriveを見つけやすくなったのは評価できます。8の場合、エディタなどではSkyDriveに直接保存できず、一度ローカルフォルダを経由してSkyDriveにアップロードする必要がありました。パソコン雑誌などにも8.1の特集記事がありますが、マイナーバージョンアップではなく、あくまでもアップグレードという認識でOSを入れ替えるというくらいの意識で作業にあたったほうがいいでしょう。

 この記事で書いている通り、今のPC環境はWidnows8.1(32bit版)でオフィスもMicrosoft Office2013を使っています。ちなみに非タッチパネルのPCです。Windows7と比較すると8の評判は芳しくない面もありますが、慣れると結構使いやすいです。Windows8を導入したメリットがもう一つあります。経営支援の一環で、パソコンの操作説明が必要な場合があります。最近は8を導入する企業も徐々に増えてきました。自分も使っているのでバッチリ対応できます(タッチ操作は下手ですが)。ただ、8の使い方に慣れず四苦八苦している中小企業も多いのが現状です。PC環境でOSを完全に統一しておらず、XP、VISTA、7、8どれかが混在している企業がほとんどです。ここにきて8.1へのアップグレードという選択肢が入ってくるとさらに管理が難しくなります。前出のように周辺機器の設定も影響を受けるかもしれません。私も8.1へのアップグレードサポートを依頼されても二の足を踏んでしまいますね。
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
メールフォーム
ご質問、お問い合わせは下記フォームメールよりお願いします。

お名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめのレンタルサーバ
■「ロリポップ!」レンタルサーバー


■さくらインターネット
電話サポートあり


■サーバーカウボーイ
ドメイン検索・取得
■ドメイン検索はこちらから
お役立ち情報、アイテム
■記憶術、速読術

■通勤講座

■名刺印刷

■ポイント、プレゼント Potora経由でYahoo!オークションで落札すると、落札価格100円(税抜)につき10ptがたまる!!
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
最新トラックバック
プロフィール

kenfuture

Author:kenfuture
中小企業診断士(経営コンサルタント)中山健のブログへようこそ!神奈川県横浜市を拠点にベンチャー・中小企業の支援を行なっています。IT企業のCFO等を経験。経営実務に精通した中小企業診断士として、経営のヒントになる話題を提供しています。
中小企業の定義はこちらをご参照ください。

格安インターネット・ツール
SIMカード980円~/月

インターネットFAX 1,050円/月

ホームページリンク

ケン・フューチャー・コンサルティング
中小企業診断士 中山健
経営革新計画
資金調達
産業廃棄物財務診断
無料経営相談・支援

エバーチェンジ,LLC.
リスクマネジメント
与信管理
BCP
ITC支援

twitter最新のつぶやき

Twitterボタン
Twitterボタン
J-Net21
経済週刊誌 最新号の特集記事
【週刊ダイヤモンド】


【週刊エコノミスト】
保険見直し大作戦


2018年11月6日号
【週刊ダイヤモンド】
(1)地政学と世界史
(2)新電力サバイバル


2018年11月3日号
【週刊東洋経済】
「孤独」という病


2018年11月3日号
【日経ビジネス】
星野リゾート


2018年10月29日号

過去の特集記事はこちらからご覧になれます。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
週間天気予報
おきてがみ
中吊り広告
産経新聞・読売新聞ニュースRSSリーダー
ランキング
【Amazonランキング】